• 市場を細分化し、的確なターゲットを定めるには ~顧客セグメンテーション戦略のご紹介~

    デジタルテクノロジーの普及に伴い、生活者の価値観は細分化が進み、同時に一人の人間がTPOによって違う人間のようにふるまう状態(一人が複数のクラスターに所属する=一人十色)を前提としたマーケティングが当たり前になってきてい。そのような環境下において、マーケティング従事者はどのようにターゲットを定め、アプローチすればよいのだろうか

  • デザイン経営のはじめ方~デザイン経営に必要な3つの要素~

    • 事業変革

    2018年に経産省・特許庁が発表した「デザイン経営宣言」。
    企業の競争力向上には経営に「デザインを拡張させる」必要があるとしている。では、経営にデザインを取り込むとは具体的には何をすることか、何から手を付けるべきか。
    本稿では、それぞれ詳しく解説する。

  • マーケティング/ブランディング活動の成果を最大化するには ~KPIマネジメントのご紹介~

    自社のブランディング/マーケティング活動を可視化・合理化し、事業成長を加速する手法として「KPIマネジメント」の導入・改善を考える企業は多いだろう。またDXの推進においてもKPIマネジメントの貢献が期待できる。本コラムではブランディング/マーケティングにおけるKPIマネジメントについて解説する。

  • 事業の更なる成長のために、新たな市場や顧客ターゲットを開拓するには

    事業活動・マーケティング活動を成功に導くには、自社製品の強み・提供価値と、それを必要とする顧客心理の双方を理解し、両者をつなぐ仕組みを作る必要がある。

    そのときに重要なのは、企業の都合ではなく顧客の視点で市場を理解すること、また製品カテゴリー内のみならず他カテゴリーも含めてどのような競合製品と比較検討されうるのかを理解することである。

  • 人生100年時代のシニアビジネス ~ターゲットとしての「シニア」は年齢で定義されるのか

    牛田 奈緒子

    牛田 奈緒子

    • マーケティング
    • 事業・製品開発
    年齢で「シニア」を定義することがマーケティングとして適切なのか?

    「今、われわれが取り組むべきビジネスターゲットとなるシニア」は、一体どのような人たちであり、どのような傾向を持っているのだろうか。シニアマーケティング、シニアビジネスの成功に向けて、その定義とインサイトについて、博報堂グループで「シニア」に対する研究とマーケティング、事業開発を担っている博報堂「博報堂シニアビジネスフォース」×博報堂コンサルティング「富裕層向け戦略およびシニア顧客基盤開発担当メンバー」が考察する。


  • 共創プラットフォーム構築成功のために ~設計から立上げ~

    • 事業変革

    事業開発のプランニングの中で必ずあがる二つのワードがプラットフォームビジネスである。(もう一つがサブスクリプションもしくはリカーリング)その中でも、関連する商品やサービスを集め、その提供者と利用者をつなぐ「場」を提供することで収益を上げるプラットフォームができないか検討するケースが多い。さらに、プラットフォーム検討の過程で自社および業界のバリューチェーン※1を棚卸し、その中での機能整理や最適化にもつながる副産物もある。


  • 全社にマーケティングマインドを浸透させ、自立型取り組みへとシフトするには?

    マーケティングは、以前のような主活動の1つとしての単一機能から、主活動を統合する、所謂「機能を束ねる“機能”」のような位置付けへと拡大してきており、この変化によって、求められる役割もバリューチェーンの川上から川下まで、全領域を股にかけて「顧客視点」によってビジネスをリードしていくことへと変化してきている。

  • <第1回>【海外潮流コラム】CESやMWCの読み解きかた

    • ブランド構築
    • マーケティング

    グローバルイベントは、どう見るべきか? どう使うべきか?

    2010年代が終わりを迎えた。振り返ると、2010年から2019年の間に最も生活を革新させたテクノロジーは、スマートフォンという「UI」の急速な普及であったと言える。2010年には9.7%しか普及していなかったスマートフォンは、2016年には71.8%まで跳ね上がり、それに伴うようにしてSNSの利用も急速に拡大した(※1)。たった十数年前にも関わらず、スマートフォンのなかった時代がもはや想像できないほど、私たちの日常と個人情報を取り巻くビジネスはこの「UI」によって一変させられた。

  • 社員の心を束ね、組織の自律化を推進するには ~インターナルブランディングのご紹介~

    企業がブランディングを行うべき相手は、顧客や投資家といった外部のステークホルダーだけではない。社員に対しても正しいブランドの理解と共感を促すことで、社員満足度を上げたり、全社同じ方向を向いて事業を行ったり、保守的で硬直した組織体質を改善することができる。

  • ブレないブランドを保つための、ルールと組織を構築するには ~ブランド運用管理サービスのご紹介~

    自社ブランドの事業領域や展開地域が広がったり、新ブランドを構築したりした際に、そのブランドイメージにブレが生じるケースは少なくない。海外拠点が勝手にビジュアルを変更し、グローバルでの統一感が損なわれるケースもある。本コラムでは、ブランドの管理者と運用ルールを定め、長年にわたって「ブレないブランド」を守り続けていくためのプロセスを解説する。

  1. 3
  2. 4
  3. 5
  4. 6
  5. 7
お問い合わせ