森門 教尊

今日を生きる解を求め、明日を生きる問を探す

パートナー

森門 教尊

右肩上がりの経済成長が終焉し、ゼロ年代と呼ばれる時期を過ぎ、あらゆる事業を取り巻く環境が激変しています。産業や市場の成熟化、生活者価値観の多様化、事業活動における透明化。混沌の時代を生き抜くために、企業であれ個人であれ、「変化」することが至上命題の如く見做されています。変化を邪魔する要因は何か、私たちコンサルタントはクライアントに駄目出しを行い、特効薬となる「解」を提示することが求められています。

しかし、それだけで本当に企業は、ひとは変われるのでしょうか?強迫観念的に変化を要請し、駄目出しを連続していては、やがて変革疲労に陥ってしまいかねません。
私たちはブランドコンサルタントです。“粗探し”よりも “宝探し”を一緒にする仲間でありたいと思っています。

そして、企業の究極の命題はゴーイング・コンサーン(将来にわたる存続)だと考えます。現在の状況を当たり前に受け止めないこと。「問」を立て続けられる力を持つことこそが、これからの企業が生き抜く条件です。
クライアントの皆様と共に悩み、共に笑い、明日を生きるための問を探すお手伝いをしたいと願っております。

専門分野

―「ブランディング」×「デジタルソリューション」×「経営基盤強化」―

コンサルタントとしてのキャリアのスタートは既存業務改善・業務プロセス改革(BPR)。業務の効率化・改善余地を探し、経営基盤を筋肉質にする支援をしておりました。その後、成熟市場における経営改革・新規事業展開、ならびに企業再生・統合等におけるブランディングなど、数年にわたって支援を進めて参りました。その後、コーポレートサイト構築・デジタルマーケティングなど、ブランディングの実施領域まで手掛け、現在に至ります。
すなわち、ブランディングを中核に、経営・業務基盤の強化ならびにデジタルソリューションでの実践までが専門領域です。

経歴

アクセンチュアを経て、博報堂に入社。博報堂ブランドコンサルティングに参画。成熟産業における事業変革モデル創造・中長期成長ビジョン戦略立案やブランド価値創出を支援。その後、ウェブサイト戦略から構築までを一貫して扱う博報堂ネットプリズムに参画した後、現在はブランディング・事業戦略からインタラクティブ・プロデュースまでのコンサルティング業務に従事。

活動実績

【著書】
ブランドマーケティングの再創造」 (監訳:東洋経済新報社 2004年)
サービスブランディング ―『おもてなし』を仕組みに変える」 (共著:ダイヤモンド社 2008年)
図解でわかるブランドマネジメント」 (共著:日本能率協会マネジメントセンター 2009年)

【寄稿】
日本産業広告協会 「企業ウェブサイトにおけるメディア価値向上の考え方」
月刊BtoBコミュニケーション 「BtoB企業におけるブランド構築の方法論」 他多数

【講師】
日本BtoB広告協会「BtoBコミュニケーション大学」(2013年-2014年) 他多数

担当するサービス

企業理念・ビジョン策定

「企業理念」や「ビジョン」は、単なる言葉づくりではありません。社員が参加し、議論しながら構築していくプロセスを通じて、組織の活性化、社員の融合を加速し、本当の意味で“機能する”企業理念・ビジョンを策定します。

CI・VI策定

企業ブランドの提供価値を規定するとともに、社内外に認知・理解してもらう拠り所となるCI(コーポレートアイデンティティ)とVI(ビジュアルアイデンティティ)を制定します。

グループブランド体系再構築

複数事業とそれぞれを担うグループ企業をもつ企業において、それらの出自の違いや領域の違いから別々のCIやVI(ロゴや社名)にて運用しているケースもあります。
それらは独立性の担保がされる一方で、グループ全体の意求心力とシナジーが著しく落ちる弊害もあります。 グループにおける企業ブランド体系の整備を戦略的に行うことを支援します。

事業ブランドポートフォリオ再構築

経営戦略における事業ポートフォリオにおいて事業ポジションや特長・競合優位性が定められます。
それらの事業ブランドについて社内外への認知・理解を促進し社内でのガバナンスとマーケティング・ブランディングを効果的効率的に行うためのブランドポートフォリオ整備をを支援します。

製品ブランドポートフォリオ

事業や業界における製品ポートフォリオに従い、各製品のポジションを明確にしつつ、社内のガバナンス/ブランドマネジメントの視点と顧客や流通からの認知や理解といった視点で、どうカテゴライズされるべきか、認知・理解されるべきかという視点で製品ブランドポートフォリオの構築を戦略的に行う支援をいたします。

コーポレートブランディング

美辞麗句を単に並べ、啓発型の浸透活動を行うだけの企業ブランディングならやる意味はありません。変わりゆく事業環境の中での「立ち位置」はどこか。ブランド強化のトリガーとなるアクションとは何か。徹底的に「実効性」にこだわりご支援します。

インターナルブランディング

ブランド提供価値やアイデンティティ設計・整備にあたり、その提供価値を導き出した背景、自社の将来のあるべき像などトップマネジメントが込めた思想の社内へ認知・理解と共感を得るための社内浸透活動をインターナルブランディングとして提供します。

ブランディンググロース

ブランドをてこに、顧客企業ブランドの持続的な成長を実現する、博報堂コンサルティング独自のブランディング手法を『ブランディンググロース』サービスとして提供します。

担当するインダストリー

お問い合わせ