ブランド提供価値規定およびブランディング

自社や自社事業のブランドを定め、社内外に自社や事業、製品の認知・理解を獲得したい。また経営方針や事業活動における向かうべき方向を定め、修正する拠り所としたい。

課題背景

  • ブランドコンセプトやミッション・ビジョンなどは定めたが、思うように社内浸透できていない。自社ブランドの認知獲得と理解促進を、事業活動を通して社内外で実現したい。
  • 自身の会社や事業、製品・サービスについて、認知させ理解を深めるブランドのコンセプトやCI(コーポレートアイデンティティ、スローガン、ステイトメント)、VI(ビジュアルアイデンティティ、ロゴ、タイプフェースやタグライン)などを定めたい。
  • 周年など節目やマネジメント体制の変更に伴い、自社のブランドを改めて見直し、再規定したい。これからの方針をシンボリックな活動として表現したい。
社会貢献と事業成長は両立できるのか? ~社会課題の解決を通して新市場を開拓する3つのステップ~ レポートのお申し込みはこちら
お問い合わせ