鈴木 雅陽

ブランドを競争力ある資産に変え、成長し続けるブランディングカンパニーへ

プロジェクトマネジャー

鈴木 雅陽

近年、CS(顧客満足)の向上に向けて、ES(従業員満足)という視点も重要視されています。

ブランディングというと、社会や顧客からの『見え方』に意識が向きがちですが、その本質は、企業や社員の考え方や働き方の『中身』だと考えています。

成熟市場を切り開くアイデアは、必ずしも顧客の声を聴けば出てくるわけではありません。
社員の強い思いや声など、『内部』から生まれる変革の種を逃さず、そしてその種が育つ土壌をしっかり作り、社外に広げていくことが重要です。

顧客や社員の気持ちを強く動かし続け、強い事業変革と成長を実現する企業へ。
そんなブランディングカンパニーの実現に向けて、クライアントと共に汗をかきながら、伴走するパートナーとして、取り組んでいきたいと考えております。

専門分野

  • 企業ブランド戦略策定およびインナー/アウターへの浸透

  • ブランド起点での中期経営計画/成長戦略策定

  • 事業戦略・マーケティング計画策定

  • 新規事業開発および事業の立ち上げ支援

経歴

慶応義塾大学院政策・メディア修了後、博報堂コンサルティングに入社。
国内大手の電気機器、食品、自動車、通信、放送会社などをはじめとするBtoC、BtoBを問わず幅広い業種の企業ブランド戦略・事業戦略・新規事業立ち上げを支援。
机上の戦略・プラン立案に留まらず、社内の巻き込み、社外のコミュニケーションなど”実行“まで視野に入れた戦略検討と事業推進の支援を得意とする。

担当するインダストリー