鈴木 雅陽

ブランドを競争力ある資産に変え、成長し続けるブランディングカンパニーへ

プロジェクトマネジャー

鈴木 雅陽

近年、CS(顧客満足)の向上に向けて、ES(従業員満足)という視点も重要視されています。

ブランディングというと、社会や顧客からの『見え方』に意識が向きがちですが、その本質は、企業や社員の考え方や働き方の『中身』だと考えています。

成熟市場を切り開くアイデアは、必ずしも顧客の声を聴けば出てくるわけではありません。
社員の強い思いや声など、『内部』から生まれる変革の種を逃さず、そしてその種が育つ土壌をしっかり作り、社外に広げていくことが重要です。

顧客や社員の気持ちを強く動かし続け、強い事業変革と成長を実現する企業へ。
そんなブランディングカンパニーの実現に向けて、クライアントと共に汗をかきながら、伴走するパートナーとして、取り組んでいきたいと考えております。

専門分野

  • 企業ブランド戦略策定およびインナー/アウターへの浸透

  • ブランド起点での中期経営計画/成長戦略策定

  • 事業戦略・マーケティング計画策定

  • 新規事業開発および事業の立ち上げ支援

経歴

慶応義塾大学院政策・メディア修了後、博報堂コンサルティングに入社。
国内大手の電気機器、食品、自動車、通信、放送会社などをはじめとするBtoC、BtoBを問わず幅広い業種の企業ブランド戦略・事業戦略・新規事業立ち上げを支援。
机上の戦略・プラン立案に留まらず、社内の巻き込み、社外のコミュニケーションなど”実行“まで視野に入れた戦略検討と事業推進の支援を得意とする。

担当するサービス

企業理念・ビジョン策定

「企業理念」や「ビジョン」は、単なる言葉づくりではありません。社員が参加し、議論しながら構築していくプロセスを通じて、組織の活性化、社員の融合を加速し、本当の意味で“機能する”企業理念・ビジョンを策定します。

CI・VI策定

企業ブランドの提供価値を規定するとともに、社内外に認知・理解してもらう拠り所となるCI(コーポレートアイデンティティ)とVI(ビジュアルアイデンティティ)を制定します。

グループブランド体系再構築

複数事業とそれぞれを担うグループ企業をもつ企業において、それらの出自の違いや領域の違いから別々のCIやVI(ロゴや社名)にて運用しているケースもあります。
それらは独立性の担保がされる一方で、グループ全体の意求心力とシナジーが著しく落ちる弊害もあります。 グループにおける企業ブランド体系の整備を戦略的に行うことを支援します。

事業ブランドポートフォリオ再構築

経営戦略における事業ポートフォリオにおいて事業ポジションや特長・競合優位性が定められます。
それらの事業ブランドについて社内外への認知・理解を促進し社内でのガバナンスとマーケティング・ブランディングを効果的効率的に行うためのブランドポートフォリオ整備をを支援します。

製品ブランドポートフォリオ

事業や業界における製品ポートフォリオに従い、各製品のポジションを明確にしつつ、社内のガバナンス/ブランドマネジメントの視点と顧客や流通からの認知や理解といった視点で、どうカテゴライズされるべきか、認知・理解されるべきかという視点で製品ブランドポートフォリオの構築を戦略的に行う支援をいたします。

コーポレートブランディング

美辞麗句を単に並べ、啓発型の浸透活動を行うだけの企業ブランディングならやる意味はありません。変わりゆく事業環境の中での「立ち位置」はどこか。ブランド強化のトリガーとなるアクションとは何か。徹底的に「実効性」にこだわりご支援します。

インターナルブランディング

ブランド提供価値やアイデンティティ設計・整備にあたり、その提供価値を導き出した背景、自社の将来のあるべき像などトップマネジメントが込めた思想の社内へ認知・理解と共感を得るための社内浸透活動をインターナルブランディングとして提供します。

ブランディンググロース

ブランドをてこに、顧客企業ブランドの持続的な成長を実現する、博報堂コンサルティング独自のブランディング手法を『ブランディンググロース』サービスとして提供します。

CX戦略

カスタマージャーニーを起点に、製品・サービスの提供価値規定(ブランド設計)をもとにした顧客体験・顧客価値を描くと同時に、どのようにそれを実現していくのか、その接点や業務・プロセスの設計からPoCまで、CX戦略の設計と実現までをサポートします。

将来シナリオからの事業開発

生活者総合研究所や生活定点といった生活者の潮流や、コンサルティングサービスにおいて各業界の変遷を長年追い続けてきた、将来の生活者のトレンドから発想した新たな事業開発フレームを提供します。

担当するインダストリー

顧客データ利活用実態レポート ~顧客データの自社活用から情報銀行・PDS事業化への各社方針~

顧客データ利活用実態レポート ~顧客データの自社活用から情報銀行・PDS事業化への各社方針~

社会貢献と事業成長は両立できるのか? ~社会課題の解決を通して新市場を開拓する3つのステップ~

社会貢献と事業成長は両立できるのか? ~社会課題の解決を通して新市場を開拓する3つのステップ~

お問い合わせ