•  

    <パーパスはただのトレンドなのか?優良企業ほど本気で取り組むワケとは?>

    三島 由衣

    三島 由衣コンサルタント

    • 事業変革
    • 組織改革・人材育成

    「パーパス」が企業経営における重要キーワードとして語られるようになって久しい。2020年のダボス会議では主要テーマとして取り上げられ、Harvard Business Reviewでも何度も特集が組まれている。その一方、日本企業の経営陣の中には、自社で掲げるイメージがつきにくかったり、気になりつつも具体的な取り組み方が分からなかったりする人も多いのではないだろうか。しかし、今やパーパスは企業が存続するために必要不可欠なものとなりつつある。このコラムでは、パーパスが注目されるようになった背景を改めて振り返り、ひと足早くパーパス経営を実践し始めている企業の事例を参照しながら、その重要性について考察したい。

     

  •  

    パーパス経営で加速させるオープンイノベーション ―企業単独の物語から社会全体の物語へ—

    北川 稔実

    北川 稔実コンサルタント

    • 事業変革
    • 組織改革・人材育成

    オープンイノベーションが重要だと言われ20年近くが経つ。一方で日本企業は欧米に比べてオープンイノベーションへの取組率が低いと言われる。オープンイノベーション白書によると、企業のオープンイノベーション取組率は欧米企業が78%も取り組んでいるのに対し、日本企業は47%に留まっている。
    これは、日本が輝いていた高度経済成長期に社内に閉じた研究・開発が競争優位をもたらしていたことが、今日まで成功体験として記憶されているからとも考えられる。
    本稿では、日本企業がオープンイノベーションに取り組み始めるために、なぜパーパス策定が有効であるのかを解説する。

     

  •  

    パーパスの実体化 —ビジネスを拡大し、同時に社会に価値を創出するファクトづくり

    永嶋 萌子

    永嶋 萌子コンサルタント

    • 事業変革
    • 組織改革・人材育成

    「パーパス」を策定し、世に公表する企業が増えてきた。しかし、実現していきたい未来や果たす責任を「パーパス」として掲げたものの、その実体化に苦戦している企業も多いのではないだろうか。パーパスは、抽象的な概念を超えて実際に社会に対して価値を創出するようになって初めて“実体化”したと言えるだろう。実際にパーパスを策定し、PRや新規事業など様々な方法で社会に価値を創出することでパーパスを実体化させている7つの企業事例を参考にしながら、パーパスの実体化とは何か、そしてどのように実体化させていけばよいのかを考察していく。

     

  •  

    ブランディングは全社戦略を動かすための手段へ、その進め方の解説。

    • ブランド構築
    ブランディングは、「全社戦略型」へ。
    今、“ブランディングとは何か?”と経営者に問われれば「全社戦略 のための有効手段」と私は答える。そして話題の“パーパスとは何か?”との問いには、「(社長・会長を上回る)全社戦略の中核となる存在」と答える。もちろん、これらは学術的な定義ではない。多くの企業とブランディングを協働するなかで掴んだ確かな実感だ。

    時代は、事業成果だけでなく、企業経営にあらゆる“質”を期待している。従業員の志気、地域社会との関係性、SDGsへの関与、顧客対応の公平性など、社会は全ての企業活動に“質”を期待している。そして、そうした全ての企業活動の質を高める経営手段として、新たなブランディングの「型」が注目されている。俄かにパーパス(=存在意義)が話題になったのも、この全社戦略を束ねる中核の概念が必要とされたからだ。

    本稿は「ブランディングとは? ブランディングは全社戦略を動かすための手段へ、その進め方の解説。」と題し、博報堂コンサルティング 顧問 兼 クリエイティブディレクター 喜馬克治が解説する。


  •  

    社員の元気を生み出すパーパス策定(ボトムアップ型のパーパスづくり)

    • 組織改革・人材育成

    企業の社会的意義が問われる中で、社員や顧客といった内外から自社のパーパスを問われるケースも多いのではないだろうか。実際に我々の会社にも、「パーパスは必要だが、作り方がわからない」といった相談を頂くことも多い。
    パーパスを策定するプロセスとして、具体的にどのような要素の検討を行うべきかは、『そのパーパスは誰のものか? 「社長の想い」から「みんなの物語」へ』のコラムでも紹介した通りだ。博報堂コンサルティングの「パーパスサーキュレーションモデル」を活用しながら、経済価値と社会価値の両方を創出するための要素を検討していくことで、自社ならではの強いパーパスを策定していくことが可能だ。
    その検討過程の中でも特に、導出した様々な分析やインプットを活用し自社のパーパスを結晶化していく手法について、ボトムアップ型のパーパス策定のプロセスとその特徴を紹介したい。

     

  •  

    ブランド・トランスフォーメーション(BX) の軸となるパーパスのつくりかた

    • 事業変革
    • ブランド構築

    博報堂グループが提唱する「ブランド・トランスフォーメーション(BX)」、ブランドを中心に置いた事業成長・事業変革の核となる指針がパーパスである。経済価値創造と社会価値創造を両立し、生活者視点で「あるべきパーパス」を作り上げるにはどうすればよいのか?本稿ではその背景を改めて捉えたうえで、当社が実際にプロジェクトの中で活用しているフレームワークに沿って、パーパス策定の全体像と大切にすべきポイントを解説する。

     


Solution

これからの市場環境の変化と、変化する環境における事業変革を乗り越えるための経営課題や事業課題はどのようなものかご説明し、課題を解決するサービスをご紹介します。

Industry

AIやIoTなどのテクノロジーや、人口動態などの生活者の変化によって激変していくインダストリーと市場の今、とこれから。そしてケーススタディをご紹介します。

ファッション・ラグジュアリー
ヘルス・ビューティー
人材・教育・キャリア
ハイテク・通信・製造・IT
中小企業・中堅企業市場
金融
医薬・医療
飲料・食品
ASEANマーケティング
日本市場参入
ライフスタイル

ファッション・ラグジュアリー

アパレル、ジュエリーや時計の素材供給、開発、製造および流通・小売りなどバリューチェーンにかかわる業界を『ファッション・ラグジュアリーインダストリー』と定義する。

ヘルス・ビューティー

ヘルスケアや美容に関する食品やサプリメント、機器やコスメティックス、ヘアケアアイテムについて素材供給、開発、製造および流通・小売りなどバリューチェーンにかかわる業界を『ヘルスケア・ビューティーインダストリー』と定義する。

人材・教育・キャリア

人材教育や研修、人材採用および紹介・仲介・派遣を担う領域を『人材・教育・キャリアインダストリー』と定義する。
ここでは、人材・教育の対象は社会人だけでなく、小中高生を対象とした塾や大学、大学院等の学校法人なども含む。

ハイテク・通信・製造・IT

これからのIoTやAI領域をけん引するリソースを持つ、もしくはそれらの製品・サービスを提供する側となるであろう「ハイテク・通信・製造・IT」における開発・生産・流通にかかわる領域を『ハイテク・通信・製造・ITインダストリー』として定義する。

中小企業・中堅企業市場

中小・中堅企業および個人事業主を対象とした市場を『中小企業・中堅企業市場』と定義する。

金融

銀行、証券、保険3業態および資金調達、取引上の資金移動およびそれらにまつわるサービス提供について『金融インダストリー』と定義する。

医薬・医療

医薬品の創薬・製薬および流通と医療製品・サービスの開発・提供およびヘルステックにかかわる全般の業務やインフラ提供にかかわる領域を『医薬・医療インダストリー』と定義する。

飲料・食品

流通・小売りで取り扱われる農畜産物・水産物(1次生産品)とパッケージ商品(2次生産品)の飲料、アルコール、農業・漁業生産品および加工品を生産・加工・流通にかかわる業界を『飲料・食品業界』と定義している。

ASEANマーケティング

ASEAN市場は継続的な伸長とデジタル導入や事業変革/構造変革のタイミングが日本と異なっていることから、これからも魅力的な市場であるといえる。
ASEANマーケティングでは、主にASEAN各国に進出している/していくインダストリーを対象とする。

日本市場参入

外国資本企業や製品・サービスが日本市場に参入する際に、該当インダストリーエントリーと同時に、セールスや流通チャネルの構築やパートナリングなど、新たなビジネスエコシステムを組み立てること自体を対象とする。

ライフスタイル

住宅、家具、インテリア雑貨や家電市場をライフスタイル市場とし、その市場における素材供給、開発、製造および流通・小売りなどバリューチェーンにかかわる業界を『ライフスタイルインダストリー』と定義する。

Company Info

ブランディング・マーケティングのプロフェッショナルとして、十年以上、数百に及ぶプロジェクトをご支援して参りました。
培ってきた経験と知見が、我々の最大の強みです。

パーパス

ブランドの力で、 人と企業の想いをむすび、 社会の可能性をひらく。

博報堂コンサルティングは「社会から待望される経営変革・事業変革のあり方を共に考え、事業活動の支援まで帯同するプロフェッショナルファーム」を目指します。

詳細を見る

サービス一覧

サービス一覧

博報堂コンサルティングがご提供するプロジェクトフレームやツール類をご紹介します。

コンサルティングウェイ

コンサルティングウェイ

博報堂コンサルティングのコンサルテーションに対するスタンスをご紹介します。

会社概要

会社概要

会社概要、社員、拠点、沿革についてのご案内です。

コンサルタント

コンサルタント

ブランドをテコに、持続的な事業成長を実現しトップラインを伸ばすこと。これが我々の使命です。
深い洞察力と創造性、そして高いプロフェッショナリズムを有するコンサルタントをご紹介します。

出版物

出版物

博報堂コンサルティングの国内外における出版書籍および資料をご紹介します。

Recruit

マーケティングのプロフェッショナルである私たちと共に、企業に真の成長を。

新卒採用

求められるのは、経営者の眼と生活者の心。
新たなコンサルティングの可能性を
共に広げてみませんか。

詳細を見る

キャリア採用

論理に溺れない。感性に逃げない。そういう人がいる会社。
企業や生活者の動きを冷静に捉える理性と、世に無いものを創り出す感性。
それらが我々の組織文化を形成しています。

詳細を見る

WITHコロナ時代の新しい企業と従業員の関係構築のありかた ~業界別・年代別に見る従業員の意識変化とは~

WITHコロナ時代の新しい企業と従業員の関係構築のありかた ~業界別・年代別に見る従業員の意識変化とは~

顧客視点(CX)と従業員視点(EX)の複眼で策定する企業の危機突破シナリオ

顧客視点(CX)と従業員視点(EX)の複眼で策定する企業の危機突破シナリオ

World's Best Bankの成功例に見るDX実現~顧客体験価値を向上させるUI/UX〜

World's Best Bankの成功例に見るDX実現~顧客体験価値を向上させるUI/UX〜

顧客データ利活用実態レポート ~顧客データの自社活用から情報銀行・PDS事業化への各社方針~

顧客データ利活用実態レポート ~顧客データの自社活用から情報銀行・PDS事業化への各社方針~

社会貢献と事業成長は両立できるのか? ~社会課題の解決を通して新市場を開拓する3つのステップ~

社会貢献と事業成長は両立できるのか? ~社会課題の解決を通して新市場を開拓する3つのステップ~