企業にとってイノベーションに取り組むことは、現代のビジネス環境を生き抜くための必須事項である反面、現場社員からは「最も疲弊する重荷」という声も聞こえてきます。時代はトップダウン型による人材の均質化から、自ら考えイノベーションをおこす企業風土作りへとシフトしています。

社内が活気づき、ポジティブなイノベーションを創発する組織へと変革するにはどうすれば良いか、皆さまと一緒に考えてまいります。