Logical Speaking

ロジカル・スピーキング研修

論理的に考え、論理的に話せる。
ビジネスパーソンの必須スキルを博報堂流に

ロジカルに「話せること」とは、ビジネスを円滑に進めるために、そして順調にキャリアを歩むために大変重要なスキルです。「これさえ掴めば応用が利く」というものを抜粋したプログラムです。

論理的に話せるようになるためには、ロジカル・シンキングの理屈だけでは不充分。「これさえ押さえれば応用が利く」と考える幾つかの「型」を徹底的に鍛錬し、まさに明日から現場で使えるような、再現性のあるコミュニケーションスキルを会得頂きます。

ロジカル・スピーキング研修
「学びのポイント」

ロジカル・スピーキング研修では、
こんなことが学べます

論理的に情報を整理をする力

論理的に話すとは何かについて学び、具体的な技法を身につけます

相手を”聞くモード”にする力

相手に話しを聞いてもらうための方法を身につけます

3分間論理的に話すスキル

学んだ技法を用い、少なくとも3分間ロジカルに話す力を身につけます

参加者の声

毎回、受講者の皆さまから
たくさんの満足の声を頂戴しております

話し方で印象も変わる。早くこのような研修を受けるべきだった

自分の言いたいことが伝わらない場面があり、早くこのような研修を受けるべきだったと思う。話し方で印象も変わるので、自分の悪いクセを改善したい。

通信

魅力的な話の作り方、伝え方を体系的に学ぶことができた

魅力的な話の作り方、そしてその伝え方を体系的に学ぶことができました。○○社さんの話は分かりやすいな!と言われるよう、みな取り組んでいきます。

食品

苦手な分野だと思い込んでいたが、すんなり理解出来た

論理思考は苦手な分野だと思い込んでいたが、すんなり理解することが出来た。今回の研修をきっかけとし、よりロジカルスピーカーに近づきたい。

通信

楽しく勉強でき、更に改善点を聞ける。即実践できる内容

楽しく勉強でき、更に改善点を聞けることが良かった。挑戦できる風土づくりの一言一言が良かった。広げて、深めて、まとめる。即実践できる内容だった。

運輸

日常業務において非常に効果的。コツを掴むと誰でも出来る

「論理思考」を非常に難しく捉えてしまい、苦手意識を持っていたが、コツを掴むと誰でも出来るものだ思った。日常業務において非常に効果的である。

通信

ロジカル・スピーキング研修
の特徴

論理的に話す具体的手法を学び、すぐにスキルアップを実感

「実践的なノウハウ」がベース

概念論のみに終始せず、すぐに使えるノウハウを凝縮しています

どのパートを切り取っても実践できる構成

全てを理解しないと実践不可能というものは現実的でなく、再現できない。どのパートを切り取っても実践できる構成です

具体的な手法を、実践を通じて習得

多くのロールプレイを研修内で実践します。また、他メンバーからのフィードバックも貴重な学びになります

是非、無料体験会に
お越しください

こんな方にお勧めです

様々な方が
当セミナーを受講されています

次世代リーダー
自分が考えている戦略や構想を、上役に対して説得力を持って伝えることができない

新人・若手社員
自分が伝えたいことを、相手が分かるようにきちんと整理をして伝えることができない

営業部門
自社の商品・サービスの魅力を上手く伝えているつもりだが、顧客が動いてくれない

ロジカル・スピーキング研修
カリキュラムの流れ

1

論理的に話す事の重要性

  • 論理的に話す事が求められる状況
  • 論理的に話せるだけで「出世する」?
  • 論理的と非論理的な話し方の違いとは
  • ロジカルスピーカーの定義
  • フリースピーキング演習

2

ロジカル・シンキングの基本的技法①演繹法/帰納法/アブダクション

  • 手法を覚えれば誰でもできる、ロジカル・シンキング
  • 現場でよく使う、ロジカルシンキングの技法
    ①「演繹法」で、相手を強力に説得する
    ②「帰納法」で、クイックに主張を補強する
    ③「アブダクション」で、新しい事業機会を見つける
  • 現場をイメージした「リアルな使い方演習」

3

ロジカル・シンキングの基本的技法②ロジックツリー/ピラミッドストラクチャー

  • 「ロジックツリー」と「ピラミッドストラクチャー」の違い
    ①ロジックツリー
     ・主な使い道は「要因分析/施策導出」
     ・「二層目」が生命線
    ②ピラミッドストラクチャー
     ・主な使い道は「主張の伝達」
     ・ピラミッドストラクチャーは演繹法
  • マスターするための「リアルな使い方演習」

4

ロジカル・スピーキングの基本的技法

  • 「論理的に話すこと」とはどういうことか
  • 同じ内容でも、伝わり方が大きく異なる
  • ロジカル・スピーキングの基本的な技法
    ①理解するまで聞く
    ②論理的に話の構成を組める
    ③相手を聞くモードにできる
    ④簡潔に話しきることができる
  • 自分の「話し方のクセ」を振り返る

5

ロジカル・スピーキング演習

  • 3分間の、ロジカル・スピーキング演習
    ・Session1で選択したお題で、再びスピーキング
    ・メンバー全員の前で、構成を意識しながら話しきる
    ・各メンバーからのフィードバック
    ・講師による、演習中のアドバイス

是非、無料体験会に
お越しください

講師・ファシリテーター

メイン講師

楠本 和矢博報堂コンサルティング 執行役員

神戸大学経営学部卒。丸紅株式会社で、新規事業開発・育成業務を担当。外資系ブランドコンサルティング会社を経て現職。
これまでコンサルティングプロジェクトの統括役として、クライアント企業に深くコミットするアプローチのもと、多岐にわたるプロジェクトを担当。現在は執行役員として、博報堂グループを横断した新規事業開発の運営、及び外部企業とのパートナーアライアンス業務に携わる。

著書:
「龍馬プロジェクト―日本を元気にする18人の志士たち」(共著 2011年)
「サービス・ブランディング」(共著:ダイヤモンド社 2008年)
「KPIマネジメント」(単著:すばる社 2017年)

講師:
青山学院大学 専門職大学院国際マネジメント研究科 非常勤講師(2015年度、2016年度)
日本産業広告協会 BtoB広告大学講師(2009年度、2010年度、2011年度、2012年度)
日本貿易会 広報部会講師(2011年度)その他、社外セミナー講師 多数

記事/取材等:
日立製作所 Executive Online「グロースハックとは何か」全3回連載(2015年5月)
Web Designing 「好かれるサイトを科学する」(2014年8月)
産業広告「BtoB」 「新規事業開発はこう進める」全6回連載(2011年4月~10月)
ビジネスリスクマネジメント「インナーブランディングはこう進める」(2009年7月)

JavaScriptを有効にしてください。 このサイトではJavaScriptを利用しています。無効の場合、正しく動作いたしませんのでご注意ください。