中小・中堅企業のマーケティング

中小・中堅企業のマーケティング

市場環境や業界エコシステムの変化によって、発注元企業の業績に左右されやすい「下請け」的なポジションから、自社の技術や生産プロセスなどの特長を最大限付加価値化し、取引においてなくてはならない存在へと変化することが必要です。
そのために自社のブランドを確立する、ポジショニングを戦略的に定めるなど、これまで上流企業のビジネスエコシステムに組み込まれていれば事業が成立した状態から脱却し「自社のビジネスエコシステム」を構築するマーケティングへと進化することを支援いたします。

【ご相談内容】

  • ・製品・サービスはあるが、自社や製品・サービスの特長を新規顧客候補にきちんと伝えられない/伝える方法がわからない。

  • ・現在の特定アカウント営業から新規の引き合いを獲得するにあたりデジタルマーケティング活用の必要性は分かるが、具体的にどうすればよいかわからない。HPもあるが、とりあえず作った状態である。

  • ・これまで営業担当による新規開拓、既存顧客に対するセールスに依存しており、効果的なセールス活動を実現したい。

【サービスの特長】

・多くのケースでは、自社事業の「提供価値」を規定していないケースが多く、またそのために業界や取引バリューチェーンにおける自社のポジションを明示できていないことが多くなっています。まずは自社の強み、選ばれてきた・これから選ばれる理由を定義します。

・「自社の提供価値」を定めた上で、それらをいかに社内や社外に認知・理解してもらうのかという浸透活動を、コミュニケーションと同時に組織や事業という形でシンボリックな活動として設計・実施します。

・自社の提供価値や業界におけるポジションを規定し、現在の状況(ASIS)から将来の理想の状態(TOBE)に至る移行計画とそのための戦略を中長期経営計画として設計します。

・同時にCI・VI(スローガンやステイトメント、ロゴなど)を定め、自社の価値を表現する拠り所とすると同時に、顧客からの営業に代わる/営業を支援する窓口となるHPをマーケティングや採用強化といった目的に合わせ設計・構築を行います。

・営業の行う成功パターン「ゴールデンパス」を分析し、有効なマーケティング活動の設計を行います。その際に、定型化とオンライン化(デジタル化)を行います。

担当コンサルタント

社会貢献と事業成長は両立できるのか? ~社会課題の解決を通して新市場を開拓する3つのステップ~ レポートのお申し込みはこちら
お問い合わせ