マーケティング組織改革

現場の声と現場の人材に即したマーケティング業務改革

マーケティング部門において陥り易い「顧客視点不足」「ブランド中長期視点不足」「関連部署の巻き込み力不足」等の課題を徹底的に洗い出します。クロスファンクショナルチームを立ち上げ、部門を超えた検討を推進することで、一貫したマーケティング活動を推進します。

机上の空論にとどまらず、現場の声と現場の人材に即した現実的な業務改革をハンズオンでサポートしていきます。

【ご相談内容】

ブランドマネジャーやマーケティング部門(広報PRを含む、HPの運用やCRM運用担当)が不在。もしくはリテラシーが低い/業務量に対して手が回らないといった理由により、代理店との打ち合わせをするだけで企画も指示も実は行っていないマーケティング部門を機能させたい。

  • ・マーケティング施策の設計、企画を行う余裕を作りたい。

  • ・こなすだけの業務から、成功パターンにあわせた業務やプロセスを見直したり、高度化していきたい。

  • ・これからマーケティング組織を構築するにあたり、少ない人数でも対応できるようにしたい。

【サービスの特長】

理想の組織、業務・プロセスやKPIを設定し、そのためのインフラ要件定義を要件・概念として設計したのちに、実態に合わせた「人的リソース」「人員のスキル」「社内システムインフラ」「保持データ」にあわせた、現実的な落としどころを探り、回る組織と業務を構築します。


・日系企業の海外進出においては、国内のベストプラクティス(プロセスやKPI)を連動させるべきではありますが、現地社員のスキルや商慣習、SIerの能力は全く異なります。そのような環境において「理論的設計の実現」を目指すのではない、柔軟な体制や業務設計による「マネジメントの実現」をゴールとした導入と運用を実現します。


・プロセスコンサルティングと変革経験が豊富なスタッフが、マーケティング業務と組織について設計を行い、導入・運用を支援します。


・少人数でのマーケティング業務の運用にシステム・ツール類の活用は必須ですが、博報堂グループでの導入実績とSI(システムインテグレーション)実績により、システムやツールの機能や費用と、構築予算・運用予算とを調整し、要件と予算のバランスをとるツール選定・システム導入を支援します。

担当コンサルタント

顧客データ利活用実態レポート ~顧客データの自社活用から情報銀行・PDS事業化への各社方針~ レポートのお申し込みはこちら
お問い合わせ