ファンコミュニティ

ファンベースマーケティング

ブランド構築、ブランディングの一つのゴールとしてNPS(≒推奨)の獲得があります。これは、そのブランドに対する理解や利用を経て、ファンとなり、その特徴や特長を他社にシェアしていく状態をさします。
ファンベースマーケティングは、そのブランド(製品やサービス)について情報発信と収集をする場を提供するのみならず、そのブランドが体現したい「体験」をそこで得る/得る機会を提供します。

【ご相談内容】

  • ・マスやデジタル広告による認知獲得や、オウンド(自社メディア)やデジタルメディアでの利用者の声の情報発信など、自社からの情報発信には限界を感じている。

  • ・他社や他ブランドで行っているように、オーナーや利用者が情報発信をしてくれるような状態をつくりたい。

  • ・顧客が、その製品やサービスを利用する体験自体を共有し、共感し合うような場づくりを行いたい。

【サービスの特長】

博報堂コンサルティングでは、そういったブランド体験を行う機会や情報発信・収集する場を、地域における製品・サービスとその提供者との関係性構築や、取引先との関係性など、そのブランドにかかわるバリューチェーン全体における関係性を構築することで、一般的なオンラインコミュニティに留まらず、「場づくり」「体験づくり」によるコミュニティ形成の設計と運用サービスを提供しています。

担当コンサルタント

顧客データ利活用実態レポート ~顧客データの自社活用から情報銀行・PDS事業化への各社方針~ レポートのお申し込みはこちら
お問い合わせ