CI・VI策定

企業や事業、製品のブランド提供価値規定を定め、ブランドを認知・理解してもらいたい対象(ブランディングターゲット)に対して、どのように認知理解をしてもらうのか?
そういったブランドコミュニケーションの拠り所として、CI(コーポレートアイデンティティ:タグライン、ステイトメントなど)やVI(ビジュアルアイデンティティ:ロゴ、タイプフェース、色、トーン&マナー、印刷物・パッケージのデザインなどのブランドガイドラインなど)を定義します。

ブランド提供価値規定

【ご相談内容】

  • ・自社における企業ブランド、事業、製品・サービスブランドの顧客や社員、社会に対する価値と存在意義を定めたい。

  • ・業界や社会において「自社はどういう存在であるべきか/どのような存在と認識されるべきか」を明示したい。またそこに位置付けられる理由をコアコンピタンスと紐づけて提示したい。

  • ・自社らしさとはなにか、自社らしい事業活動(業務、顧客接点から見た機能や役割)や事業領域(製品・サービス領域)はどうあるべきか、それらを定める拠り所を明確にしたい。

【サービスの特長】

ブランド構築の根幹となる、ブランドのぶれない提供価値を、客観的な分析と将来への意志を持って、組織として規定するフレームとプロセスを提供します。

  • ブランドとは生活者の頭の中に存在するものです。本プログラムは、博報堂の独自生活者データーベース(HABIT)や定量調査を活用し、ブランドパワーを正確に把握します。

  • 競合ブランドと同質の、当たり前の価値提案では、生活者は反応しません。グループインタビューやエスノグラフィーなど様々なメソッドを用いて、生活者の本音に迫ります。

  • 自社のコア・ケイパビリティと生活者インサイトが上手にマッチングされると、生活者が付加価値を感じる状況を創り出せます。弊社オリジナルのフレームである「ブランドの扇」を使い、自社が生活者に提供するブランド価値を創造します。

CI・VI制定

【ご相談内容】

  • ・規定されたブランド提供価値を社内外に認知・浸透させるためのシンボルとして、CIやVIを定めたい。

  • ・ブランドの価値を社内外に言語化し明示するために、タグライン(ブランドの価値を端的に表す単語)、ステイトメント(ブランドの価値及びその背景を示す文章)を定めたい。

【サービスの特長】

  • デザイン制作における中立的なポジションを活かして、国内外の有力クリエイティブ・オフィスとの連携が可能です。

  • 必要な能力と予算に応じ、クライアントにとって適切なパートナーを選定し高水準のアウトプットが提供されるよう支援します。

  • ロゴデザインの開発だけではなく、ブランド価値を反映すべき重要な顧客接点を全て洗い出し、タッチポイント全体像を見据え、統一感のあるデザイン開発を支援します。

社会貢献と事業成長は両立できるのか? ~社会課題の解決を通して新市場を開拓する3つのステップ~ レポートのお申し込みはこちら
お問い合わせ