事業ブランドポートフォリオ再構築

事業者視点と生活者視点を融合した、リブランディングの検討

「既存資産を活用し、新規領域をいかに開拓するか」「増えすぎた商品ブランドを統廃合し、メガブランドをいかに育成するか」などの自社が抱えるブランドの問題を、「ブランド投資の見直し」や「ブランドの再編」、即ち「ブランド体系の再構築」によって、構造変化に適応し、企業・事業・商品ブランドの全体構造を今後の市場構造に即して最適化=リブランディングします。

「事業者視点」での市場や、自社ブランドの展開領域の規定にとどまらず、「生活者視点」を加えることで、市場の変化やポートフォリオの歪みの実態を明らかにし、ブランドの全体最適化、ブランド投資配分の最適化を支援します。市場やブランドの実態を可視化し、経営者から個別ブランド担当者まで、様々な立場の関係者が、全体最適視点でブランド体系のあるべき姿を検討する議論のプラットフォームを提供します。

顧客データ利活用実態レポート ~顧客データの自社活用から情報銀行・PDS事業化への各社方針~

顧客データ利活用実態レポート ~顧客データの自社活用から情報銀行・PDS事業化への各社方針~

社会貢献と事業成長は両立できるのか? ~社会課題の解決を通して新市場を開拓する3つのステップ~

社会貢献と事業成長は両立できるのか? ~社会課題の解決を通して新市場を開拓する3つのステップ~

お問い合わせ

関連サービス

グループブランド体系再構築

複数事業とそれぞれを担うグループ企業をもつ企業において、それらの出自の違いや領域の違いから別々のCIやVI(ロゴや社名)にて運用しているケースもあります。
それらは独立性の担保がされる一方で、グループ全体の意求心力とシナジーが著しく落ちる弊害もあります。 グループにおける企業ブランド体系の整備を戦略的に行うことを支援します。

製品ブランドポートフォリオ

事業や業界における製品ポートフォリオに従い、各製品のポジションを明確にしつつ、社内のガバナンス/ブランドマネジメントの視点と顧客や流通からの認知や理解といった視点で、どうカテゴライズされるべきか、認知・理解されるべきかという視点で製品ブランドポートフォリオの構築を戦略的に行う支援をいたします。