Business Model Innovation

ビジネスモデル変革/収益モデル開発『Business Model Innovation』

Business Model Innovation(ビジネスモデル イノベーション)とは、利益獲得のメカニズムや、事業成長のトリガーとなるアクションを盛り込んだ、実効性の高いビジネスモデルの開発を支援いたします。

【ご相談内容】

  • ・新規事業を開発したいが、テーマ開発や事業モデル開発の進め方がわからない。

  • ・新規事業の検討対象と視座に抜け漏れ感がある/MECEにこだわるあまり筋の良いアイディアが出てこない。

  • ・既存製品やサービス、もしくはチャネルなどの企業アセットを活用した新規事業・収益モデルを構築したい。

  • ・デリバリーや事業スキームの全体像など概要は設計できるが、具体的にステイクホルダーがそれぞれどのような機能を担うか、キャッシュポイントをどこにおいてどのようにマネタイズするかの詳細を詰められない/設計したが机上の空論に思えてしまう。

サービスの特徴

博報堂コンサルティングが開発したフレーム要素を埋めていくことで、アイディアをビジネスモデル化することができます。 

ビジネスモデル変革/収益モデル開発

自社のビジネスのやり方、バリューチェーンを変える、ステイクホルダーとその役回りを変えるということを、「既存からの変革」と「現状にとらわれず全く新しく構築する」アプローチの両方が必要になります。

また、利益創出メカニズムは、経営資源や環境に操作を加えることにより、従来のビジネスに比べて売上強化やコスト優位性を生み出す儲けの仕組みです。

この仕組みと、二つのアプローチによって利益創出メカニズムを構築します。

 

サービスの特徴

・売り切りからメンテナンス契約、さらにはサブスクリプション型のようにいわゆる課金や収益モデルを変更する/プラットフォーム事業化やファンベースマーケティングの仕組みを盛り込んだビジネスモデルの開発も行います。

・モデル構築から実装にあたり、プロトタイピングおよびPoCを、博報堂コンサルティングおよびグループ各社の数々の実績と体系化されたメソッドを用いて支援します。

プロセスの一例

1.スコープ設定

  • 事前に開発する新規事業のスコープを可能な範囲で設定する

2.自社・環境分析

  • 新規事業アイディアの基盤となる産業ニーズ・トレンドとリソースを洗出す

3.事業アイディア創出

  • 分析結果を基に新規事業アイディアを創出し、精緻化、絞込みを行う

4.収益設計ビジネスモデル化

  • 組織単位、想定される成功要件を把握し、利益創出メカニズムの設計、収益設計を行う

担当コンサルタント

顧客データ利活用実態レポート ~顧客データの自社活用から情報銀行・PDS事業化への各社方針~

顧客データ利活用実態レポート ~顧客データの自社活用から情報銀行・PDS事業化への各社方針~

社会貢献と事業成長は両立できるのか? ~社会課題の解決を通して新市場を開拓する3つのステップ~

社会貢献と事業成長は両立できるのか? ~社会課題の解決を通して新市場を開拓する3つのステップ~

お問い合わせ

関連サービス

共創プラットフォーム

オープンイノベーションインフラや共創パートナープラットフォーム構築と、キーパーソンとのネットワーキング、事業・製品サービス創出などのプラットフォーム運用の設計・構築またBPO支援をします。

ファンコミュニティ

ブランドファンの顕在化と育成を基点とした「ストック型」のブランド戦略への転換をキーワードに掲げる企業が増えています。データドリブンに、ファンを育成・活用し、ユーザーを拡張するためのプラットフォーム「ファンコミュニティ」を提供します。

DX/OMO変革を起点とするCX・事業モデルのリデザイン

CX変革においては、売り手視点で描かれたユーザーシナリオ起点ではなく、ブランド体験を実現する『顧客体験ストーリー』から描かれたカスタマージャーニーが必要となります。DXによって変化したこれからのCXとそれを実現するOMOなどこれからの事業モデルのリデザインと変革実現を支援いたします。

将来シナリオからの事業開発

生活者総合研究所や生活定点といった生活者の潮流や、コンサルティングサービスにおいて各業界の変遷を長年追い続けてきた、将来の生活者のトレンドから発想した新たな事業開発フレームを提供します。

イノベーションクラウド

オープンイノベーションを手軽に実現できる、また人材のワークロード(工数)ではなく、スキルや知見、アイディアをシェアリングするスキルシェアの仕組みとして、HR Design Lab.では『イノベーションクラウド』を提供します。