ブランディンググロース

ブランドをテコとした事業成長戦略

ブランディンググロースとはブランドをてこに、顧客企業ブランドの持続的な成長を実現する、博報堂コンサルティング独自のブランディング手法です。

【ご相談内容】

  • ・全社成長をさせるビジョンは決めたが、具体的に何の成長が達成できるかを決めきれない。

  • ・市場全体が伸び悩んでおり、どう主力事業を成長させれば良いかわからない。そのきっかけをブランドづくりやブランディングで作りたい。

  • ・全社を牽引する新規事業案が必要だが、自社らしく、かつ成功確度が高い新規事業を創りたい。

【サービスの特長】

博報堂グループの保有する膨大な独自データベースを駆使して新たな競争軸を作り出し、生活者の頭の中にあるイメージ=ブランドを自社に有利に変えることで、差のない競争環境でも新たな差を生み出して成長機会を提供します。


ブランドが生み出す社会や市場の未来図を具体的に描き、新たな成長機会を共に創り上げる生活者との対話の中でブランドを磨き上げ、コアなファンとなったパートナー生活者と共に企業ブランドを創り上げます。プロトタイピングからキーアクションデザイン、アクションプロデュースの支援の他、イメージを具現化し牽引する、具体的なビジネスモデル、組織変革、情報を伝えるコミュニケーションなど、企業のブランド戦略を博報堂コンサルティングがトータルで支援します。

サービス:ブランドをてこにした事業再生

事業再生において、コーポレートブランドの提供価値規定を拠り所に、社内への自社の存在意義や強み・特長、お客様にとっての価値を実感させることで社員のモチベーションを向上しつつ、自社事業の成長方向を見定め、魅力的な特徴を創り上げます。


・ブランド再生は単なるイメージチェンジではありません。コーポレートロゴの変更に留まらず、ブランド再生を示す「核となる特徴」を創り上げることが肝要です。ブランドの強みを棚卸しすると同時に、積極的に「新たなる特徴を創造する」ことが必要となります。


・新ブランドを象徴する「ブランドキードライバー(新商品の上市など)」を設計した上で、新たな特徴を社内・社外に向けて包括的にコミュニケーションを行ない、ブランド浸透を加速します。


・また、ブランド再生には、社員のモチベーション向上が不可欠です。社員のモチベーションを高めるための全社を巻き込んだ検討プロセスなど、様々な仕掛けを意識的に施します。

顧客データ利活用実態レポート ~顧客データの自社活用から情報銀行・PDS事業化への各社方針~ レポートのお申し込みはこちら
お問い合わせ