高橋 悠一郎

変化を意欲的に捉え、意思を持った未来を共に実現する

プロジェクトマネジャー

高橋 悠一郎

事業変革やイノベーション創出が重要であると、長らく叫ばれています。
特に、昨今はデジタルトランスフォーメーション・AI・IoT・ビッグデータ・VRなど、バズワードが乱立し、その声は強まっています。

こういった声の背後には、事業環境の変化の大きさや予測不可能性に対する危機感があります。
確かに、健全な危機感は重要です。しかし、危機感だけでは、企業変革やイノベーション創出を遂げることはできません。

予測の難しい社会の大きな変化を、ただ悲観的に捉えるのではなく、前向きに意欲的に捉え、自分たちがどうありたいか、意思を持ってビジョンを描くことも重要です。
そうすることで、事業成長や変革の動力が生まれます。

単なる発注/受注という関係で、概念論や理想論に終わるのではなく、事業パートナーとして社会の大きな変化を共に意欲的に捉え、事業成長や変革の実現をご一緒したいと考えています。

専門分野

  • 企業ビジョン/戦略の策定およびアウター/インナーへの浸透推進

  • 既存事業/商品・サービスのマーケティング戦略策定および実行推進

  • 新規事業/商品・サービスの開発(イノベーション開発)

経歴

博報堂入社後、博報堂内のマーケティング局・営業局・ブランドデザイン/イノベーションデザインチームを経て、現職。
博報堂のマーケティング局・営業局では、幅広い業界の広告・コミュニケーションの企画・実行推進に従事。その後、ブランドデザインとイノベーションデザインでは、商品・サービス・施設のブランディング、新商品・サービス開発業務のほか、街づくりや若者の研究に携わる。
博報堂コンサルティングでは、幅広い業界における企業ビジョン/戦略の策定およびインナーブランディングを中心とした企業変化の推進、マーケティング戦略立案・実行推進等のコンサルティングに従事。

担当するサービス

ブランド起点でのCX(顧客体験)変革

CX変革においては、売り手視点で描かれたユーザーシナリオ起点ではなく、ブランド体験を実現する『顧客体験ストーリー』から描かれたカスタマージャーニーが必要となります。DXによって変化したこれからのCXとそれを実現するOMOなどこれからの事業モデルのリデザインと変革実現を支援いたします。

顧客起点のユーザーシナリオ設計

これまでのユーザーシナリオは、自社HPの顧客動向など限られたオンライン接点での動きのみを描きがちでした。自社接点(オウンド)にとどまらない広義のユーザーシナリオを「カスタマージャーニー」として描き、マネジメントするためのKPIそして体制を含め『実際に動かせるCX戦略』の実現を支援します。

アートシンキングを活用した新規事業開発

事業や製品・サービスの開発をはじめ、イノベーション創出の機運がこれまでになく高まっています。これまでの常識や思考の延長線上に顧客と市場はおらず、自社の「新しさ」は抜本的な思考の変化が必要です。いま注目を集めるアートシンキングを用い、クリティカルな案を創出しブレイクスルーを実現するお手伝いをいたします。

担当するインダストリー

WITHコロナ時代の新しい企業と従業員の関係構築のありかた ~業界別・年代別に見る従業員の意識変化とは~

WITHコロナ時代の新しい企業と従業員の関係構築のありかた ~業界別・年代別に見る従業員の意識変化とは~

顧客視点(CX)と従業員視点(EX)の複眼で策定する企業の危機突破シナリオ

顧客視点(CX)と従業員視点(EX)の複眼で策定する企業の危機突破シナリオ

World's Best Bankの成功例に見るDX実現~顧客体験価値を向上させるUI/UX〜

World's Best Bankの成功例に見るDX実現~顧客体験価値を向上させるUI/UX〜

顧客データ利活用実態レポート ~顧客データの自社活用から情報銀行・PDS事業化への各社方針~

顧客データ利活用実態レポート ~顧客データの自社活用から情報銀行・PDS事業化への各社方針~

社会貢献と事業成長は両立できるのか? ~社会課題の解決を通して新市場を開拓する3つのステップ~

社会貢献と事業成長は両立できるのか? ~社会課題の解決を通して新市場を開拓する3つのステップ~

お問い合わせ