池田 想

分析は緻密に、戦略はシンプルに。

エグゼクティブマネジャー

池田 想

広告マンからコンサルタントに転身。
次の3つのポイントを心掛けて、日々プロジェクトに取り組んでいます。

  • 広告会社での営業・プランナーとしての経験と、コンサルタントとしての問題解決スキルを融合させた、シンプルでわかりやすい戦略の立案
  • 日本国内に留まらない、グローバルな視点でのデータ分析やアイデア発想
  • クライアントとの対話と“腹落ち”を重視したプロジェクトマネジメント

それぞれの業界の特徴やビジネスの文脈に合わせ、誰にでも(外国人にも)理解しやすい明快なロジックで語れる戦略を作ります。

専門分野

  • ブランド戦略から広告制作・メディアプラニングまで一気通貫のブランディング支援

  • 日本の製品・サービス、及び文化を世界に発信するグローバルブランディング

  • 外資系企業の日本市場マーケティング

  • 生活者視点のASEANマーケティング

  • 医薬品の患者向けコミュニケーション戦略

  • マーケティングで経営を革新するCMO機能の仕組みづくり(Marketing Process Re-engineering)

経歴

慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、株式会社博報堂に入社。営業局、マーケティング局を経て現職。博報堂では、主に消費財や宝飾品などの業界を担当し、広告・コミュニケ―ションの企画・実行支援に従事。現在はコンサルティングスタッフとして、コーポレートブランディング、新規事業開発、海外事業進出における戦略立案などに携わる。幼少期に米国在住経験があり、日本語・英語のバイリンガル。

活動実績

【寄稿】
「デジタル時代のアナログ広告」 (連載:文化通信、2013年)
経営戦略としてのブランド」 (連載:文化通信、2014~2015年)
生活者パラダイムの転換」 (連載:文化通信、2015~2016年)
ブランド・マーケティングの新潮流 ―社会課題解決の仕組みをつくるブランド戦略―」 (りそな総合研究所『りそなーれ』、2016年)
CMOはなぜ日本に根付かないのか?」 (宣伝会議『AdverTimes』、2017年)

『CMO:最高マーケティング責任者』の存在価値を、『CFO:最高財務責任者』と比較してみる」 (宣伝会議『AdverTimes』、2017年)
CMOがマネジメントすべき5つの領域とは?」 (宣伝会議『AdverTimes』、2017年)

 

【講師】
ビデオリサーチ主催 第35回コミュニケーションセミナー 「デジタル時代のアナログ広告」(2013年)
博報堂主催 第8回Consulactionセミナー 「博報堂グローバルマーケティング実践~多様な文化のASEAN市場を突破するために」(2013年)
博報堂コンサルティングセミナー 「CMOサポート × ブランディング」(2016年)

宣伝会議主催 「マーケティング組織変革推進講座」(2017年)