• 多様性の時代の新たなディスラプター ―新たな文化創造・社会牽引の役割を担うのは誰か―

    • マーケティング

    コンシューマービジネスや人材採用競争に向き合う経営者にとって、人種・セクシャリティ等の“多様性”というテーマは決して無視できない今日的問題である。2018年、ルイ・ヴィトンのメンズアーティスティック・ディレクターに就任したヴァ―ジル・アブローは、ルイ・ヴィトンにとっては初めての黒人デザイナーであり、今やファッション業界におけるディスラプターといえる存在だ。アブローを紐解くことで次世代の文化牽引者を推察し、我々が捉えておくべき真の多様性の在り方を考える。

  • ギリシャにみる Value for Moneyの神髄

    • ブランド構築
    • マーケティング

    『マンマ・ミーア!』
    世界中にファンが多い同ミュージカルは2008年に映画化され、世界的なポップミュージックグループABBAの曲をベースに心地良いコメディタッチで人気を博し、ミュージカル映画史上歴代1位の興行収入を獲得した。

  • 人材獲得アプローチ2.0

    • 組織改革・人材育成

    どう取り組む?「働き方改革」

    「働き方改革関連法案」によってもたらされるものは何か。安倍首相が掲げる一億総活躍社会実現に向けた最大のチャレンジと位置づけられる働き方改革。政府は多様な働き方を可能とすることで中間層の厚みを増し、格差社会の解消、そして成長と分配の好循環を実現することが狙いであるとしている。

  • 5Gがもたらす新たな競争環境 -Agresivoな姿勢に好機あり-

    • 事業変革

    目前に迫る5G実用化の大波

    2018年は6月、ロシアW杯が開幕する。前回のブラジルW杯ではドイツが、前々回の南アフリカW杯ではスペインが優勝しており、近年は欧州勢の強さに目を見張る。フットボールの世界でスペインといえば、美しいパスワークで“魅せるフットボール”を繰り広げることで知られる。筆者も一度、レアル・マドリードの試合をスタジアムで観戦したことがあるが、華麗にボールを操りアグレッシブに互いに攻め合う姿勢にサポーターが熱狂するあの熱量には圧倒された。こうしたスポーツ・エンターテイメントは今後、次世代移動通信システム5GやAIといったテクノロジーの実用化によって革新が起きるだろうと言われている産業のひとつである。

  • ポスト・スマートフォン時代を見据える

    • 事業・製品開発
    • グローバル

    競争激化するスマートスピーカー市場

    「手の平を占有するスマートフォンは理想的なデバイスではない。」世界最大のモバイル機器メーカーのエリクソン社は、今や世界中に浸透したスマートフォンについてこう語っている。日本国内におけるスマートフォン普及率は2017年に77.5%を超えるまでに拡がった。[※1] アップルは昨年末、10万円を超えるモバイル機器「iPhoneX」を発売したが、これまで同様に発売前から行列ができる程の人気っぷりである。

  • 思想・価値観への共感を基点にした ”シェアリング”

    • マーケティング
    • 事業変革
    • 事業・製品開発

    拡大するシェアリングエコノミー

    Uber、airbnb、メルカリ、Anytimes…。この「シェアリングエコノミー」と呼ばれる新たな形態のサービスは、今後確実に、我々の生活により深く入り込んでいくとみられている。シェアリングエコノミーのグローバル市場規模は2013年時点で約150億ドルであったが、2025年には約3,350億ドルにまで拡大が予測されている。また国内においても同様に、2014年度に約233億円であったところから、2018年度までに462億円まで拡大するとされている。[*1]

  • ”最先端”と、どう関わるか

    • 事業変革
    • 事業・製品開発

    音楽・映画・テクノロジーの祭典「SXSW」

    アメリカ テキサス州オースティン。今や、世界最大級のビジネスフェスティバルと言われるまでに成長した「SXSW (サウス・バイ・サウスウェスト)」が行われている都市である。

  • What’s ”Genuine”? -モノが溢れ、情報が氾濫する時代の“本物”とは-

    • マーケティング
    • 事業変革

    年々注目度を高める「サロン・デュ・ショコラ」

    今年の2月、パリ発のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」が東京国際フォーラムで開催された。日本におけるサロン・デュ・ショコラは今年で15回目を迎え、今回は『La La La ChocoLat! あなたと、ショコラと、人生と。』をテーマに、世界約17カ国から約100ブランドが出店した。このイベントでは、チョコレート自体ではなく、チョコレートの作り手にフォーカスするという視点の転換が非常にユニークな点である。

  • デジタル化時代にこそ、プリミティブな体験を

    • マーケティング
    • グローバル

    若者文化に触れる:フリースタイルラップ

    いま、「フリースタイルラップ」というものが若者の間で大きな文化になりつつある。「ラップ」といえば皆さんも多少なりとも聞き覚えがあると思うが、小節の終わりなどで韻を踏みながら、リズミカルに喋るように歌う歌唱法のひとつである。このラップを“即興”で行うのがフリースタイルラップであり、そうした即興のラップで相手をdisる(攻撃する)ことで勝敗を競う「MCバトル」なるものが、社会人をも含めた一般の若者たちの間でいま大変な熱気を帯びている。

  • Brand Purposeの転換の先にみえたもの「Reebok CrossFit」

    • マーケティング

    新たなフィットネスの形態「ソーシャル・フィットネス」

    黒烏龍茶や特定保健用食品、ジュースクレンズ…。
    現代社会において、健康意識への高まりは全世界的に共通して起こっている事象であり、食品関連市場では多彩な健康食品が次々と投入されているが、実はいまフィットネス市場においても、多様なトレーニング手法が提案されている。

  1. 1
  2. 2
お問い合わせ