Facilitation JAM

ファシリテーション研修

人気No.1のプログラム。
コンサルティングの実践から
得られたノウハウを皆様に

我々自身の業務における実践を通じて得られた、すぐに現場で使えるファシリテーターとして必要な考え方と技法を、ロールプレイングなどの実践を通じて習得できる、弊社人気No.1のプログラムです。

部門間連動、企業連携が当たり前になってきている今般、背景や利害の異なるメンバーから知恵を引き出し、まとめ、合意形成するスキルの向上は、もはや全ての業界企業の必須テーマです。現場での「再現性」をテーマに、我々のノウハウを結集させました。

ファシリテーション研修
「学びのポイント」

ファシリテーション研修では、
こんなことが学べます

議論の構造をデザインする力

議論モジュールを使いこなして、効果的な議論構造を設計するスキルを身につけます

論点を特定し議論を正す力

議論において、今何を話すべきかを常に捉えて議論を正す力を身につけます

意見対立をうまく解決する力

意見対立が起きた際に、対立の構造を明らかにし、解決する力を身につけます

参加者の声

毎回、受講者の皆さまから
たくさんの満足の声を頂戴しております

たいへん満足71% 満足27%
実践の名にふさわしい
「できる」になる

実践の名にふさわしい内容で良かったです。知っているだけでなく、「できる」になるためには、実践が多い方が学びも多くなって良かった。

演習を繰り返すことで

演習を繰り返すことで叙々に慣れていき、内容を理解したうえで取り組むことができた。

他の人の良い所・悪い所を客観的に感じられた

実践形式の演習時間がしっかりと設けられていて良かった。チームで進める事で他の人の良い所・悪い所を客観的に感じられた。

組み立てを意識しながら実践をできそう

普段、何気なくこなしていた会議の進行を体系的に学ぶことができたので、今後、組み立てを意識しながら実践をできそうな気がします。

たいへん満足71% 満足27%
来週火曜日の会議から早速活用をしたい

事前準備が大事だということと、途中での修正が大事ということが実践でよく分かりました、来週火曜日の会議から早速活用をしたいと思います。

ファシリテーション研修
の特徴

実践的な
ファシリテーションノウハウを
ロールプレイングを通じ習得する

コンサルタントが実際に業務で活用

理論や教科書的ではなく、実際にコンサルタントが現場で行っている内容です

「わかった」ではなく「できる」力が付く

よく起こりがちなケースを元に繰り返し考えることで「できる」に近づきます

明日から使えるスキルが身に着く

実践的なノウハウをロールプレイングやケーススタディを通じて習得します

お気軽に
お問い合わせください

Webからのお問い合わせ

資料請求
お問い合わせ
無料体験会開催スケジュール

お電話でのお問い合わせ

03-6441-8070

担当:柏木・楠本

こんな方にお勧めです

様々な方が
当セミナーを受講されています

次世代リーダー層
リーダーシップを持ち議論をまとめる力を付けたい、若手の次世代リーダー候補

営業部門
商談や議論の場で的確なファシリテーション力を発揮したい部門

管理部門
議論の構造をデザインして、生産性の高い会議を実施したい部門

ファシリテーション研修
カリキュラムの流れ

1

ファシリテーションとは何か

  • ファシリテーションの定義
  • イノベーション、生産性向上に必要な理由
  • リーダーシップとファシリテーションの関係性
  • 目指すべき姿は”Power Facilitator”

2

議論の構造をデザインできる(議論のモジュール「5つのS」)

  • 何故、ダメな議論が生まれるのか
  • 議論のモジュール「5つのS」
  • モジュールを使いこなし、議論を構成する

3

的確な「問い」を立てる(議論で意識すべき「4本のアンテナ」)

  • ズレてないか:論点がズレた時の正し方
  • 確認すべきか:意味不明/暴論・極論への対処法
  • 拡げられるか:「切り口」を出し、意見を拡げる「問い」
  • 深掘りできるか:具体化する、要因を探る「問い」

4

意見やアイデアを整理する(意見を整理する「6つのパターン」)

  • 出された意見やアイデアを「整える」重要性
  • 整理するためのフレームワーク、使用上の注意点
  • 選択肢をシンプルに整理すること

5

グラフィックを使いこなす(グラフィック化「4つの手法」)

  • ホワイトボードの使い方
  • グラフィックの基本テクニックは4種類
  • 議論を促す「手段」として使うこと

6

議論のスタックを解消できる(対立を生む「4つの前提のズレ」)

  • 何が起こり「議論がスタック」してしまうのか
  • 主張の対立が生まれる「4つの前提のズレ」
  • ズレを解消するための方法
  • それでも対立が解消しないときの最終手段

7

総合ファシリテーション演習

  • 参加メンバーによる総合ファシリテーション演習
  • 講師によるデモンストレーション
  • お題に基づき、30分間の演習を実施
  • 講師による、演習中のアドバイス/指導
  • 終了後の、各メンバーへのフィードバック

お気軽に
お問い合わせください

Webからのお問い合わせ

資料請求
お問い合わせ
無料体験会開催スケジュール

お電話でのお問い合わせ

03-6441-8070

担当:柏木・楠本

講師・ファシリテーター

メイン講師

楠本 和矢博報堂コンサルティング 執行役員

神戸大学経営学部卒。丸紅株式会社で、新規事業開発・育成業務を担当。外資系ブランドコンサルティング会社を経て現職。
これまでコンサルティングプロジェクトの統括役として、クライアント企業に深くコミットするアプローチのもと、多岐にわたるプロジェクトを担当。現在は執行役員として、博報堂グループを横断した新規事業開発の運営、及び外部企業とのパートナーアライアンス業務に携わる。

著書:
「龍馬プロジェクト―日本を元気にする18人の志士たち」(共著 2011年)
「サービス・ブランディング」(共著:ダイヤモンド社 2008年)
「KPIマネジメント」(単著:すばる社 2017年)

講師:
青山学院大学 専門職大学院国際マネジメント研究科 非常勤講師(2015年度、2016年度)
日本産業広告協会 BtoB広告大学講師(2009年度、2010年度、2011年度、2012年度)
日本貿易会 広報部会講師(2011年度)その他、社外セミナー講師 多数

記事/取材等:
日立製作所 Executive Online「グロースハックとは何か」全3回連載(2015年5月)
Web Designing 「好かれるサイトを科学する」(2014年8月)
産業広告「BtoB」 「新規事業開発はこう進める」全6回連載(2011年4月~10月)
ビジネスリスクマネジメント「インナーブランディングはこう進める」(2009年7月)

JavaScriptを有効にしてください。 このサイトではJavaScriptを利用しています。無効の場合、正しく動作いたしませんのでご注意ください。