Communication JAM

コミュニケーション研修

ミドルマネジャーが直面する「困難な状況」を
突破するコミュニケーション力を

ビジネスを円滑に進める上で、最も大切なコミュニケーションスキル。相手を配慮しながらも、自分の気持ちを正しく伝える「Win-Winのコミュニケーション」を行うスキルを養うプログラムです。

概念はわかりやすいが、現場で実践するのが難しい「アサーティブコミュニケーション」をカードゲーム化。アサーティブコミュニケーションの「15の切り口」に基づき、楽しみながら自らのコミュニケーションの癖と改善課題を知るための研修です。

コミュニケーション研修「学びのポイント」

コミュニケーション研修では、こんなことが学べます
自分の気持ちを正しく伝えるスキル

相手を配慮しながらも、自分の気持ちを正しく伝えるスキルを身につけます

自分の表現の癖を理解して正しく伝える力

ロールプレイを繰り返し、表現の癖を理解してコミュニケーション能力を高めます

カードの状況毎に変えて表現する力

座学だけ理解するのが難しかった課題を解決し、表現する力を高めます

参加者の声

毎回、受講者の皆さまからたくさんの満足の声を頂戴しております

コミュニケーション研修の特徴

様々なシーンをカードで再現。アサーションをカードゲーム形式で学ぶ

管理者向けのカード型トレーニング研修

言いたいけど言いにくい状況をカードで再現してトレーニングします

相手への伝え方を考える

ただ、言い方を考えるのではなく、管理者として何を伝える必要があるのか検討します

体験スタイルで楽しく学ぶ

仲間からフィードバックをもらい、相互に学び楽しく進行します

お気軽にお問い合わせください

tel:03-6441-8070

担当:柏木・楠本

コミュニケーション研修は、こんな方にお勧めです

様々な方が当セミナーを受講されています
営業部門
コミュニケーション能力を高め、顧客や同僚と良好な関係を築きたい部門
管理部門
部下の多様性が高まる現代で、必須のスキルを付けたい部門
次世代リーダー層
組織を引っ張っていくためのコミュニケーションスキルを身につけたい次世代リーダー候補

イノベーター研修/カリキュラムの流れ

01

コミュニケーション力について

  • ・コミュニケーションを高める重要性
  • ・コミュニケーションのクセ
  • ・コミュニケーションを高める難しさ
02

コミュニケーションの要素

  • ・コミュニケーションの3大基本要素
  • ・アサーティブとは何か
  • ・アサーティブコミュニケーションの切り口
03

ロールプレイ(発表型)

  • ・発表(本音を伝えにくい状況で本音を伝える)
  • ・ショートディスカッション
  • ・振り返り
04

ロールプレイ(応酬型)

  • ・発表+応酬
  • ・ショートディスカッション
  • ・総括

講師・ファシリテーター

楠本 和矢
博報堂コンサルティング 執行役員

神戸大学経営学部卒。丸紅株式会社で、新規事業開発・育成業務を担当。外資系ブランドコンサルティング会社を経て現職。
これまでコンサルティングプロジェクトの統括役として、クライアント企業に深くコミットするアプローチのもと、多岐にわたるプロジェクトを担当。現在は執行役員として、博報堂グループを横断した新規事業開発の運営、及び外部企業とのパートナーアライアンス業務に携わる。

お気軽にお問い合わせください

tel:03-6441-8070

担当:柏木・楠本

他にも、こんな研修プログラムを揃えています

博報堂のノウハウを凝縮した、豊富なラインナップ。
人材育成やビジネススキルの向上を支援するプログラムをご用意しております。
©Copyright Hakuhodo Consulting Inc. All rights reserved.

JavaScriptを有効にしてください。 このサイトではJavaScriptを利用しています。無効の場合、正しく動作いたしませんのでご注意ください。