数多のブランディングプロジェクトを通じて得られた「リアル」なノウハウを

実は非常に抽象的な概念の「ブランディング」。骨太な解釈とは「強烈な印象の伴う記憶」をつくることです。そのための具体的な切り口や、その使い方の全てを皆様にお伝えするプログラムです。

本研修でお伝えすることとは「ブランドコンセプトに基づき、施策を展開しましょう」という様な、誰もが知る内容ではありません。重要なことは「ブランディングのトリガー」を見つけること。恐らくここにしかない、リアリティのある方法論をお伝えします。

ブランディング研修「学びのポイント」

ブランディング研修では、こんなことが学べます
ブランド戦略の基本的なアプローチスキル

ブランドディベロプメントの基本的なアプローチ方法への理解が高まります

ステージ毎に変えるブランディングスキル

ブランドの成長ステージを理解し、適切なブランディングを行います

ブランド戦略の策定スキル

演習を通じ、成長ステージに併せたプランニングをするためのコツを掴みます

お気軽にお問い合わせください

無料体験会の開催スケジュール 資料請求・お問い合わせ

参加者の声

毎回、受講者の皆さまからたくさんの満足の声を頂戴しております

ブランディング研修の特徴

成長ステージ毎に行うブランディングのコツを掴む

成長ステージ毎に行うブランディング

「成長ステージごとにそのやり方を変えていく」という事を理解します

数多くの事例からアプローチ方法を理解

ブランドの成長ステージ別に、採るべきアプローチの違いがあることを理解します

演習を通じてブランディングのコツを掴む

演習を通じて、実際にブランドの成長ステージに併せてプランニングするためのコツを掴みます

ブランディング研修は、こんな方にお勧めです

様々な方が当セミナーを受講されています
マーケティング部門
ブランディングの視点を持ち、日々の業務活動に活かしたい部門
新規事業・経営企画
自社の成長ステージに沿ったブランディング戦略を展開させたい部門
営業部門
市場のブランド戦略を理解し、営業戦略に活かしたい部門

ブランディング研修/カリキュラムの流れ

01

ブランドとは何か。その基本的な理解について

・ブランドとは何か
・何のためにブランディングを行うのか
・ブランド提供価値

02

バリュープロポジションの要件

・ブランディング目標の定義
・ブランドコンセプトの設定
・ブランディング戦略の策定

03

ブランドのライフステージ毎のアプローチ

・導入期におけるアプローチ
・成長期におけるアプローチ
・成熟期におけるアプローチ

04

ブランドディベロプメントを策定する

・現状、ステージの確認
・ブランディングの作戦を出す
・まとめ

講師・ファシリテーター

楠本 和矢
博報堂コンサルティング 執行役員

神戸大学経営学部卒。丸紅株式会社で、新規事業開発・育成業務を担当。外資系ブランドコンサルティング会社を経て現職。
これまでコンサルティングプロジェクトの統括役として、クライアント企業に深くコミットするアプローチのもと、多岐にわたるプロジェクトを担当。現在は執行役員として、博報堂グループを横断した新規事業開発の運営、及び外部企業とのパートナーアライアンス業務に携わる。

お気軽にお問い合わせください

無料体験会の開催スケジュール 資料請求・お問い合わせ

他にも、こんな研修プログラムを揃えています

博報堂のノウハウを凝縮した、豊富なラインナップ。
人材育成やビジネススキルの向上を支援するプログラムをご用意しております。

マーケティング研修

ファシリテーション研修

財務研修

実践型マーケティング研修

コミュニケーション研修

イノベーター研修

KPI研修

ブランディング研修

行動経済学×マーケティング研修

ロジカル・スピーキング研修

JAMシリーズ

JAMシリーズ

Go Back

©Copyright Hakuhodo Consulting Inc. All rights reserved.

JavaScriptを有効にしてください。 このサイトではJavaScriptを利用しています。無効の場合、正しく動作いたしませんのでご注意ください。