行動経済学×マーケティング

行動経済学×マーケティング研修

「行動経済学」を、
非常にわかりやすくマーケティングに活かす方法論を解説

「生活者は常に合理的に判断する」という前提だけでは失敗します。如何にヒトの「ホンネ」にコンタクトし、行動を促すか。行動経済学の活用方法を分かりやすいフレームで解説するプログラムです

皆さまにとって恐らくあまり馴染みのない「行動経済学」。生活者視点で考えるための重要なヒントがあるにも関わらず距離が遠い理由は、フレームとして体系化が為されていないから。我々の「現場視点」で整理した切り口と、その使い方について解説します。

行動経済学×マーケティング「学びのポイント」

行動経済学×マーケティング研修では、こんなことが学べます
マーケティングのアイデアを導出する力

生活者の意識のスキを突く、アイデアを導出するちからを身につけます

行動経済学を
活かすスキル

様々な異業種の事例から、行動経済学をビジネスに生かす力を高めます

アナロジカルに考えるスキル

演習を通じてアナロジカルシンキングのスキルを高めます

行動経済学×マーケティングの特徴

普段なじみの無い「行動経済学」を学びマーケティングに活かす

生活者視点のマーケティング

顕在的なニーズではなく潜在的な意識を刺激するマーケティング手法です

行動経済学に基づくアプローチ

人間がどのような状況下で、どのように選択・行動し、その結果どうなるかを究明することを目的とした経済学です

成功のエッセンスを自社に活かす

様々な成功事例から、一般化可能な「成功のエッセンス」を抽出し、それらを自社リソースと掛け合せます

お気軽にお問い合わせください

tel:03-6441-8070

担当:柏木・楠本

行動経済学×マーケティング研修は、こんな方にお勧めです

様々な方が当セミナーを受講されています
マーケティング部門
行動経済学を交えた実践的なスキルを身につけたいマーケティング部門
営業部門
マーケティングを学び、日々の活動に活かしたい部門
新規事業・経営企画
アナロジカルシンキングを会得し、事業展開に活かしたい部門

行動経済学×マーケティング研修/カリキュラムの流れ

01

マーケティングに重要な事について

・マーケティング戦略
・人間的視点の重要性について
・生活者の意識。合理的な判断とは

02

生活者の意識のスキを突く

・行動経済学とは。代表的な事例を紹介
・意識のスキを突くアイデア創出モデル
・各切り口について解説

03

Analogical Thinkingについて

・アナロジカルシンキングの定義
・アナロジカルシンキングを体験
・適切な問いの立て方

04

サービスアイデアの発案

・ワークシートに従ってアナロジカルシンキングを発案
・アイデアの発表、フィードバック
・まとめ

講師・ファシリテーター

楠本 和矢
博報堂コンサルティング 執行役員

神戸大学経営学部卒。丸紅株式会社で、新規事業開発・育成業務を担当。外資系ブランドコンサルティング会社を経て現職。
これまでコンサルティングプロジェクトの統括役として、クライアント企業に深くコミットするアプローチのもと、多岐にわたるプロジェクトを担当。現在は執行役員として、博報堂グループを横断した新規事業開発の運営、及び外部企業とのパートナーアライアンス業務に携わる。

お気軽にお問い合わせください

tel:03-6441-8070

担当:柏木・楠本

他にも、こんな研修プログラムを揃えています

博報堂のノウハウを凝縮した、豊富なラインナップ。
人材育成やビジネススキルの向上を支援するプログラムをご用意しております。
©Copyright Hakuhodo Consulting Inc. All rights reserved.

JavaScriptを有効にしてください。 このサイトではJavaScriptを利用しています。無効の場合、正しく動作いたしませんのでご注意ください。