いま、BtoBマーケティングにおいて、米国の流行に続き日本でも話題のアカウントベースドマーケティング(Account-Based Marketing: ABM)。
もともとアカウント営業という概念は日本ではごく当たり前であり、またBtoBマーケティングにおいて、買い手企業の購買プロセスには関与者が複数いるため、適切なコンタクト先を探すことが営業上の課題であることはわかっていました。
では、なぜABMなのか?そのテクノロジーはどのようなものか?また実現するために必要な事とは?
これまでのマーケティングオートメーション(MA)およびDMPについて振り返りながら概要を把握します。

また一方で、マーケティング支援システムの常ですが、導入だけで成果をあげられないことには変わりありません。クロージング成果の実現のために、我々は「ブランド」の力が有効であると考えています。BtoBデジタルマーケティングを「x ブランディング」でいかにレバレッジするのか。事例を通して方法を探っていきます。

◆関連ブログ記事


ABM時代のデジタルマーケティング ―BtoBマーケティングにおけるデジタルとチャネルの活用—