自社で販路を持たないメーカーにおいて、生活者との接点である流通(販社や小売)のコントロールは長年の課題でした。さらに、小売のオムニチャネル化やPBの拡大など、バリューチェーンの水平・垂直方向への機能拡大にともない、メーカーやベンダーの存在意義が揺るがされてきていると言えます。

そのような状況の中、一部のメーカーでは、以前のセミナーでご紹介しましたDMPを活用したダイレクト販売やファンコミュニケーションの実践が始まっています。しかし、それら流通施策への対抗だけではない、他の方策はないのでしょうか?その答えの一つが「流通をガバナンスし、顧客接点を使いこなす」ことだと我々は考えます。博報堂グループ内外のテクノロジーを用いたプラットフォーム実践をご紹介しながら、その方策を探っていきます。

◆関連ブログ記事
オムニチャネル時代の流通との関係性 ―メーカーがしかける流通ガバナンス(1)