デジタル化の進展により、生活者のリアルタイムの行動から購買の前提となる意識や価値観に至るまで把握が可能となりました。
DMP(データマネジメントプラットフォーム)も単にビッグデータを収納する「箱」ではなく、持続的に生きたデータを生み出す「装置」へと期待が高まっています。

博報堂コンサルティングでは、企業や業種毎に特色をもったユーザーの購買行動やブランド体験に合致したフルオーダーメイドのDMP構築に取り組みます。また、購買行動履歴を使った刈取りに留まらず、長期的なファンを育てるブランディング発想をかけ合わせた新機軸のプラットフォーム構築の方法論をご提言します。