株式会社博報堂コンサルティング(本社:東京都港区、代表取締役:喜馬克治・山之口援)は、国立大学法人東京大学 牛久祥孝講師(所在地:東京都文京区、所属:東京大学大学院 情報理工学系研究科 知能機械情報学専攻 原田・牛久研究室)と、「人工知能(AI)を活用した画像解析」について共同研究を開始しました。

本共同研究において、長年企業のブランディング・マーケティング活動を支援してきた博報堂コンサルティングと、実世界における知能システムの研究において数々の知見・実績を持つ牛久講師は、お互いのノウハウを掛け合わせて、マーケティングにおける新しいAIの活用に向けた研究を進めてまいります。

生活者のニーズが多様化する中、企業はより細分化された生活者インサイトの発見、それに合わせた精緻なマーケティング戦略を構築することが求められています。これまでは技術的に実現可能性が低かったものの、AIを中心としたテクノロジーの進展により、そういった企業が理想とするマーケティング活動の実現が可能になってきております。博報堂コンサルティングはこの取り組みを通じ、写真や画像をAIで解析することで生活者の隠れたインサイトを探索し、企業のマーケティング活動に役立てることを目指します。

 
詳細は添付のプレスリリースをご覧ください。
東京大学大学院と人工知能(AI)に関する共同研究開始 [PDF]