ブランディングと事業変革に関する経営コンサルティングを行う、株式会社博報堂コンサルティング(本社:東京都港区、代表取締役社長:首藤 明敏)は、これまでにない視点で、新しいビジネスアイデアを創出するサービス ”Innovation Cloud(イノベーションクラウド)” を、2014年10月30日(木)より開始いたします。

“Innovation Cloud(イノベーションクラウド) [Link]

■イノベーターが集まる「社会知」には、未来を見通す力がある

アジア各国で最低賃金が引き上げられ、多くの製品・サービスが供給過剰におちいる中で、企業が利益を確保するためには、既存の枠組みを超えた革新的なアイデア=イノベーションを必要としています。
しかし、そのような新事業の創造は難しく、経済産業省による研究会が上場企業にアンケート調査(※1)を行った際にも「新事業創造を牽引する人材」が社内にいない、と答える代表者が約6割を占めました。

イノベーションを引き起こす「加速支援者」や「フロンティア人材」と言われるスタッフをゼロから育成するのは困難で、風通しの良い企業であっても、業界の慣習や社内の常識に囚われてしまいがちです。
そのような中、求められるのが外部からの視点。”Innovation Cloud” が提供するのは、MBA学生やクリエイターなどで形成された新アイデア創出のための「社会知」ネットワークです。
社内には存在しない価値観、参加メンバーが持つ多様な視点や独創的な発想をもって、ビジネス課題を解決するアイデアを創造し、オンラインで提供するのが ”Innovation Cloud” です。内部からは生まれにくい、俯瞰的な視点で企業の未来を創ります。

※1)新事業創造と人材の育成・活用に関するアンケート調査 [Link]

■アイデアは数が集まるだけでは役に立たない

ネットワークを活用して、多様な意見を集める。といっても、誰にでも聞けば良いものではありません。
従来のクラウドソーシングでは、技量の違う不特定多数のユーザーが寄り集まって、数を力に問題(仕事)を解決してきた経緯がありますが、弊社の考えるイノベーションは高いレベルの精鋭メンバーから生まれます。

MBA学生から、マーケティング関連職に従事しているプロフェッショナルまで、質の高いアイデアを習慣的に生み出している優秀な会員(現在約1000名弱)が、クラウド上に集まっています。
このような環境の中で生まれた、多くのアイデアのキュレーターとして、博報堂コンサルティングのコンサルタントが的確なオリエンテーションとアイデアの評価・絞り込みまでをフォローし、質の高いアイデアの創出を導きます。

また、机上の「案」として生まれたアイデアをプロジェクトに落としこむのは、弊社の得意とする分野です。必要に応じて、アイデアの具現化に向けた提案や、実行サポートを博報堂/博報堂コンサルティングから受けることができるのも、”Innovation Cloud” の特徴です。

■トライアルでも実証済み

10月30日より本格稼働する ”Innovation Cloud” は、トライアル期間においても、その有効性を実証してきました。
フィットネスクラブを展開する株式会社ティップネスへのアイデア提供においては、約10日間という日数で157案のアイデアを集めることができました。
フィットネスクラブや業界に通じたスタッフでは、発想し得ないアイデアや、新しいコミュニティ案などが生まれ、いくつかのコンセプトが具現化に向けて動いています。

今後の取り組みとして、企業へのアイデア提供だけでなくクラウドに集まったメンバーにも注目しています。
国内有力大学のMBA学生など、元来より能力のある人達ですが、企業のリアルな問題を解決することで技術に磨きがかかることは間違いありません。特定の分野に特化した人物を、求める企業に紹介するリクルーティング事業も検討しています。
弊社では、これからも一方通行の経営コンサルティングではなく、多面的に企業の問題を分析し、高いレベルでのソリューションを提供していく所存です。

 

※詳細は添付のプレスリリースをご覧ください。
“Innovation Cloud(イノベーションクラウド)” サービス開始 [PDF]