日本のBtoB企業に
真のマーケティングを

清水 慶尚

シニアマネジャー

「顧客の声を聞く」とは何を意味するのか?
多くのケースでは、顧客の声を聞く、ニーズをひろう、ということを意味し、先回って提案することやソリューション化することととらえがちです。特に、マーケティング「コミュニケーション」自体を営業機能に依存してきたBtoB企業は、「営業力の強化」や「案件がとれる!」といったSFAに注力する傾向にあります。

マーケティングとは、「セリングをなくす仕組みづくり」に他なりません。
そのために、自社の狙う市場とは、今の定義で正しいのか?そしてその将来像はどうなりうる・どうすべきと自身が考えているのか?どうしたら買ってもらうのか以前に、誰がどのように購買・選定に関わり、そのプロセスにおける困難は何が起こっているのか?
目に見えている現在や、相談してもらえる顕在化した悩みではなく、その向こう側にある未来や隠れた障壁を「想像」することが、マーケティングの第一歩です。

クライアントのイノベーションをマーケティングというイマジネーションで実現する企業へ。
そのための変革をお手伝いいたします。

専門分野

SPECIALTY

  • BtoB企業における営業からの脱却・「動く」マーケティングの仕組みづくり
  • 変動する事業環境における市場創出および事業・ソリューション開発
  • 複数事業・ブランドにおけるブランドポートフォリオマネジメント

経歴

CAREER

東京工業大学工学部卒、同大学大学院物理情報工学科修了。視覚およびバーチャルリアリティの研究を行う。
グローバル監査法人グループのコンサルティングファームにて、小売、製造・流通業、ホテルや外資消費財の日本マーケットインのリサーチおよび事業戦略立案から、管理会計・原価計算制度設計、業務設計、システム導入まで上流から経営基盤整備までのプロジェクトに従事。その後、ライフスタイル提案企業の経営戦略室室長および新規事業部長として、ブランドマーケティングから経営基盤構築などのビジネスモデル改革、新規事業立上げなど事業ポートフォリオ革新に携わり、国内最大手ライフスタイル企業への売却を実現した。のちにベンチャー2社を創業したのち、現職。
主に、ブランドをレバレッジしたBtoB事業戦略構築/マーケティング実行支援と新規事業開発/新製品ローンチ等に従事。BtoB領域では、ICT、医薬品(創薬)メーカーに、またBtoC領域では飲料メーカー、サービス業におけるマーケティング、流通戦略を中心としたサービスを提供している。

活動実績

ACTIVITY

【著書】

  • 「実践 BtoBマーケティング ―法人成功の条件―」(共著:東洋経済新報社 2013年)
  • 「アラフォー! ~これからの女性の生き方と消費~」(共著 三浦展氏:PHP研究所 2009年)
  • 「マーケティング戦略ハンドブック」(共著 teamMaRIVE:PHP研究所 2001年)

【その他活動】
博報堂グループの「顧客視点」というBtoCナレッジをBtoBに活用し、統合マーケティングコミュニケーション(IMC)やマーケティングオートメーション(MA)の設計・導入・運用など、マーケティング活動の「実行」を前提とし、戦略構築から運用受託までを一気通貫にサポートするソリューション「Success4B」を2013年にリリース。中心メンバーとして、マネジメント層向け研修会、ソリューション提供等を行っている。

お問い合わせ

博報堂コンサルティングまたはサービスなどへのお問い合わせは、インターネットまたは、電話でのお問い合わせが可能です。

JavaScriptを有効にしてください。 このサイトではJavaScriptを利用しています。無効の場合、正しく動作いたしませんのでご注意ください。