マーケティングに意志を込め、
真のブランドをめざす

渡邊 丈祐

プロジェクトマネジャー

様々なヒット商品が生まれては消えていく、移り変わりの激しい今日の市場において、どのような商品・サービスが「ブランド」となるのでしょうか。

その違いは、そこに企業自身の意志や主張があるかどうかにあると考えています。
商品やサービスを通じて自社の価値観や主義主張を提案し、生活者に好意や共感を覚えてもらうこと。またそうした価値観に沿ってアクションを展開し、他とは異なる愛着を感じてもらうこと。
生活者に、自社のブランドに対してそうした感情を抱いてもらえているなら、その商品・サービスは、ブランドになれているといえます。

マーケティングにおいて「消費者のニーズを深く知ること」は成功への大前提ですが、プロダクトアウト=悪、マーケットイン=善といった考え方に縛られ、どこか意志を忘れたまま議論がされているケースがあります。
博報堂コンサルティングは、意志を持って世の中に価値を提案するお手伝いをしていきます。

専門分野

SPECIALTY

  • 技術素材ブランディング
  • BtoB企業の高付加価値化戦略

経歴

CAREER

外資系コンサルティング会社にて、主に金融機関・公益企業、製造業企業を対象に、業務プロセス標準化や店舗オペレーション改善、マーケティングリサーチ、組織改革プロジェクトに携わったのち、現職。
これまでコンサルティングスタッフとして、主に製造業、流通業、交通系グループ企業、メディア関連企業を中心に、企業・商品ブランド構築・企業ビジョン策定とその社内浸透、セグメンテーション調査と市場構造分析、ブランドの情報発信シナリオ策定・推進、ブランド管理規程策定、CRM戦略方針策定等のプロジェクトを経験。

活動実績

ACTIVITY

【著書】

  • 「サービスブランディング」(共著:ダイヤモンド社 2008年)

お問い合わせ

博報堂コンサルティングまたはサービスなどへのお問い合わせは、インターネットまたは、電話でのお問い合わせが可能です。

JavaScriptを有効にしてください。 このサイトではJavaScriptを利用しています。無効の場合、正しく動作いたしませんのでご注意ください。